CNC
最近のマイブームは深夜フジテレビで放送されてるCNC(CHIMPAN NEWS CHANNEL)を見る事。
日本の小学生の数より、日本で登録されている犬の数の方が多いと言う現状から、もはやテレビ局は子供向けの番組を作るのではなく、動物に向けた番組を作るべきである、と言うかなり制作スタッフの遊び心が見え見えの最高な番組である。
MCを務めるチンパンジーのゴメスチェンバリンの何とも言えない愛嬌さと動作。
そしてその行動に合わせた絶妙なナレーション。
さらに、いつもぶち切れてるニホンザルのAD役ポールという存在。
10分と言う短い時間も切れが良くて丁度良い。
スタジオのセットもかなり細かくセットされてて抜け目無い。
番組の締めの「ごもっとも〜」と言うフレーズも番組を定着するのに一役買っているはず。
完璧。
かなり練られた番組で、制作者の思惑に感心する。
番組を通じて世の中に自分たちの意図する事を仕掛ける。
なんか良いなぁ〜、そう言う仕事。
渋谷の街をジャックして、例えばスマップやマトリックスだらけにしたり、山手線の電車側面に広告を掲載したり、フリーペーパーを発行したり、ホワイトリングとかもそうか。
そういう人が思いつかないアイデアで世の中を動かす人って凄いなぁ〜といつも思う。
職業柄、この先そう言う人と出会うかもしれない。
いや、出会いたい。
そして刺激を得たい。
誰かいないかな。
そんな事考えるとわくわくしてくきます。
[PR]
by fumishiko | 2006-10-31 01:35
<< 履修単位不足問題 一休入魂 vol.2 >>


カメラマン関口史彦のブログです。